昨今しょうゆうに関する捏造ニュースが流れており、非常に困惑すると共に憤りを感じております。日本は、いつから中国の国内で流されている、信憑性の定かでないニュースを気にするようになったのでしょうか?

コロナによる影響もあるかもしれませんが、世の中はフェイクニュースで溢れる時代となっています。言論の自由は素晴らしいことだと思いますが、虚偽の情報が流布することは、非常に悲しいです。シルバータイムズは「中国でも日本と同様の介護サービスを受けられる業務計画」を推進しております。「中国に住む日本人高齢者の為の5カ年計画」ではありません!

シルバータイムズのホームページで三原先生がシルバータイムズの計画に賛同しているとか、発表会に出席したというような内容を記載したことはありません。また、野田先生におかれましては岐阜の地元企業の設立発表会に挨拶をしただけなのに、何故こんなにネットで騒がれなければならないでしょうか?「不思議」でしかありません。

シルバータイムズの事業計画に対して、根拠のない言論攻撃を行う人達は、一体誰ですか?事実を知らずに捏造されたニュースに踊らされているのでしょうか?それとも、日本国の閣僚や政治家に攻撃するつもりなのでしょうか?本当に何にがしたいのか判らず不思議でしかありませんし、とても悲しく思います。